ヒトの全細胞

ヒトの体は37兆個の細胞から構成され、その種類としては約200種であると言われています。「赤血球」「神経細胞」「骨細胞」などの体内の細胞と、「iPS細胞」「HeLa細胞」などの培養細胞を解説します。

「 年別アーカイブ:2018年 」 一覧

no image

骨細胞

骨細胞 (osteocyte) ○骨細胞とは 骨細胞は、自らが産生した骨基質に埋没した骨芽細胞である。骨層板の隙間である骨小腔の中に位置しており、骨小腔から放射状に広がる骨細管という空間に多数の突起を …

no image

破骨細胞

破骨細胞 (Osteoclast) ○破骨細胞とは 破骨細胞は、骨縁において骨を吸収する細胞である。骨との接触部に波状縁と呼ばれる構造を持ち、そこから分解酵素が放出されている。破骨細胞の働きによって生 …

no image

骨芽細胞

骨芽細胞 (Osteoblast) ○骨芽細胞とは 骨芽細胞は、骨を形成する細胞である。産生する有機物質はコラーゲンが主であるが、オステオカルシン、オステオポンチンもわずかに産生する。これらは骨の有機 …

no image

褐色脂肪細胞

褐色脂肪細胞 (brown fat cell) ○褐色脂肪細胞とは 褐色脂肪細胞は、多胞の脂肪滴(白色脂肪細胞は1つ)を持った褐色の脂肪細胞である。新生児や冬眠中の動物に多く見られ、脂肪を分解して熱を …

no image

白色脂肪細胞

白色脂肪細胞 (white fat cell) ○白色脂肪細胞とは 白色脂肪細胞は、細胞内に一つの大きな脂肪滴(単胞)を持った白い細胞である。脂肪の蓄積を担っており、脂肪を用いて熱を産生する褐色脂肪細 …

no image

線維芽細胞

線維芽細胞 (fibroblast) ○線維芽細胞とは 線維芽細胞は、結合組織を形成する細胞である。楕円形の核を持つことをその特徴とし、成人でも活発に分裂を続けている。マウス胎の線維芽細胞由来の3T3 …

no image

尿細管上皮細胞

2018/02/06   -腎臓に関する細胞

尿細管上皮細胞 (renal tubular epithelial cell)   尿細管上皮細胞とは 尿細管上皮細胞は、その名の通り尿細管の上皮細胞である。近位尿細管、ヘンレループ、遠位尿細管、緻密 …

no image

傍糸球体細胞

2018/02/05   -腎臓に関する細胞

傍糸球体細胞 (Juxtaglomerular cell) ○傍糸球体細胞とは 傍糸球体細胞は糸球体に隣接する細胞種であり、尿細管上皮細胞や糸球体外メサンギウム細胞と共に傍糸球体装置を構成する。緻密斑 …

no image

肥満細胞

2018/02/02   -免疫に関する細胞

肥満細胞 (Mast cell) ○肥満細胞とは 肥満細胞は、粘膜の下や結合組織に位置し、ヒスタミンを放出することによってアレルギーの原因となる免疫細胞である。膨れた様子が肥満のように見えるために肥満 …

no image

メサンギウム細胞

2018/01/23   -腎臓に関する細胞

メサンギウム細胞 (mesangial cell) ○メサンギウム細胞とは メサンギウム細胞は、腎臓の糸球体に位置し、構造と機能を支える細胞の一群である。「メサンギウム」の単語はラテン語で「meso」 …