ヒトの全細胞

ヒトの体は37兆個の細胞から構成され、その種類としては約200種であると言われています。「赤血球」「神経細胞」「骨細胞」などの体内の細胞と、「iPS細胞」「HeLa細胞」などの培養細胞を解説します。

神経・脳に関する細胞

外套細胞

投稿日:2018年1月19日 更新日:

外套細胞
(Neuro satellite cell)

外套細胞とは

外套細胞は、末梢神経の神経節におけるアストロサイトである。神経節膠細胞、衛星細胞とも呼ばれている。その機能は中枢におけるアストロサイトと同じく、神経細胞への栄養供給、構造支持、代謝調節であると考えられている。

機能は似ているものの、アストロサイトのマーカーであるGFAPを発現していなかったり、アストロサイトに顕著な突起が見られなかったり、神経上皮由来のアストロサイトに対して外套細胞が神経堤細胞由来であったり、といった相違点も多い。一つの神経節に数十個の外套細胞が位置している。

神経節

神経節とは、神経細胞が集合した構造のうち、末梢にあるものを指す。具体的には①脊髄における後根神経節②自律神経のニューロンが交代する神経節のほかに、③各感覚神経について一つずつ存在する。中枢神経における同様な構造は神経核と呼ばれ、大脳基底核がその代表例である。

①:脊髄後根神経節

脊髄後根は脊髄の後角に投射する神経の束であり、下図では後根の中に丸い塊として後根神経節が描かれている。後根神経節は求心性の感覚神経(皮膚・筋肉・腱から脊髄・脳へ情報を伝える)の細胞体が位置し、末梢に樹状突起脊髄へ軸索を伸ばす。三叉神経(頭部皮膚)をはじめとする他の感覚神経も同様の神経節を構成しており、いずれも末梢で取得された情報が電気信号の形で伝わり、神経節の細胞体で統合されて脊髄へと送られる。

外套細胞はこの後根神経節に存在し、栄養供給や構造維持、代謝調節などの機能を果たしている。

外套1図1 脊髄
青が求心性(末梢→中枢)の神経、赤が遠心性(中枢→末梢)の神経を表す。後角の内部にある膨らみが後根神経節である。




②:自律神経の神経節

自律細胞の神経節は、中枢神経に細胞体を持つ節前ニューロンの軸索と、末梢を支配する節後ニューロンの樹状突起とがシナプスを形成する部位である。自律神経は交感神経と副交感神経を含み、神経節は脊椎の両側に位置している。神経節においては、交感神経・副交感神経の節前神経は共に伝達物質としてアセチルコリンを放出する。外套細胞はシナプスを覆い、情報伝達の促進などの機能を支えている。

図 神経節

http://neurones.co.uk/Neurosciences/Chapters/Chapter%202/P.2.4%20Autonomic%20NS.html より和訳

○関連項目

神経細胞

アストロサイト

○参考文献

・脳科学辞典

 神経節

・Wikipedia

 神経節

・Qシリーズ 新組織学 日本医事新報社

-神経・脳に関する細胞

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アストロサイト

アストロサイト (astrocyte) 目次1 ○アストロサイトとは2 ○マーカー3 ○アストロサイトの構造4 〇反応性アストロサイト5 ○血液脳関門6 ○ニューロンへの栄養供給7 ○神経伝達の補助8 …

no image

神経細胞

神経細胞 (neuron) 目次1 ○神経細胞とは2 ○細胞体3 ○軸索4 ○シナプス5 ○樹状突起6 ○活動電位7 ○神経系8 ○脳の構造9 ○脊髄10 ○末梢神経11 参考文献 ○神経細胞とは 神 …

no image

オリゴデンドロサイト

オリゴデンドロサイト (oligodendrocyte) 目次1 ○オリゴデンドロサイトとは2 ○髄鞘の形成3 ○名前4 ○マーカー5 ○グリア細胞とは6 ○関連項目 ○オリゴデンドロサイトとは オリ …

no image

神経幹細胞

神経幹細胞 (Neural stem cell) 目次1 ○神経幹細胞とは2 ○bHLH型転写因子3 ○Notch経路4 ○成体神経幹細胞5 〇関連項目6 ○参考 ○神経幹細胞とは 神経幹細胞は、神経 …

no image

上衣細胞

上衣細胞 (Ependymal Cell) 目次1 ○上衣細胞とは2 ○脳脊髄液循環3 ○上衣細胞の構造4 ○物質の交換5 ○参考文献 ○上衣細胞とは 上衣細胞は、脳室の壁を構成する上皮細胞である。脳 …