ヒトの全細胞

ヒトの体は37兆個の細胞から構成され、その種類としては約200種であると言われています。「赤血球」「神経細胞」「骨細胞」などの体内の細胞と、「iPS細胞」「HeLa細胞」などの培養細胞を解説します。

投稿日:

毛

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

足細胞

足細胞 (Podocyte) 目次1 足細胞とは2 腎小体3 濾過4 発生5 〇参考文献 足細胞とは 足細胞は、腎臓ボーマン嚢の臓側壁を構成する上皮細胞である。突起を伸ばして毛細血管の周りを覆っており …

no image

ランゲルハンス細胞

ランゲルハンス細胞 Langerhans cell 目次1 ○ランゲルハンス細胞とは2 ○アトピー性皮膚炎3 ○金属アレルギー4 ○パウル・ランゲルハンス5 ○関連項目 ○ランゲルハンス細胞とは ラン …

no image

骨細胞

骨細胞 (osteocyte) 目次1 ○骨細胞とは2 ○機能3 ○まとめ ○骨細胞とは 骨細胞は、自らが産生した骨基質に埋没した骨芽細胞である。骨層板の隙間である骨小腔の中に位置しており、骨小腔から …

no image

好酸球

好酸球 (Eosinophil) 目次1 ○好酸球とは2 〇好酸球の機能3 ○顆粒3.1 図2 好酸球ギムザ染色 好酸球(中央)の顆粒がエオジンによって橙~赤に染まっていることがわかる。3.2 MBP …

no image

伊東細胞

伊東細胞 (Ito cell) 目次1 伊東細胞とは2 ディッセ腔3 伊東細胞の機能4 肝線維化と伊東細胞5 参考文献 伊東細胞とは 伊東細胞は、肝臓のディッセ腔に位置する繊維芽細胞の一種であり、ビタ …