ヒトの全細胞

ヒトの体は37兆個の細胞から構成され、その種類としては約200種であると言われています。「赤血球」「神経細胞」「骨細胞」などの体内の細胞と、「iPS細胞」「HeLa細胞」などの培養細胞を解説します。

autonomic ganglion faculty.pasadena.edu

投稿日:

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

神経幹細胞

神経幹細胞 (Neural stem cell) 目次1 ○神経幹細胞とは2 ○bHLH型転写因子3 ○Notch経路4 ○成体神経幹細胞5 〇関連項目6 ○参考 ○神経幹細胞とは 神経幹細胞は、神経 …

no image

杯細胞

杯細胞 (Goblet cell) 目次1 杯細胞とは2 呼吸器官3 消化管3.1 小腸3.2 大腸4 粘液分泌制御5 参考 杯細胞とは 杯細胞は、粘液の主成分であるムチンを分泌する、呼吸器・消化管の …

no image

シュワン細胞

シュワン細胞 (Schwann cell) 目次1 ○シュワン細胞とは2 ○髄鞘3 ○末梢神経の再生4 ○生存シグナル5 ○脱髄疾患6 ○進化7 ○関連項目8 ○参考文献 ○シュワン細胞とは シュワン …

no image

血管内皮細胞

血管内皮細胞 (blood vessel endothelial cell) 目次1 ○血管内皮細胞とは2 ○血管の構造3 ○毛細血管4 ○細胞の接着と透過性5 ○組織液(間質液)6 ○血漿7 ○白血 …

no image

G細胞

G細胞 (G cell) 目次1 ○G細胞とは2 ○ヒスタミン分泌制御3  ○ガストリンの作用4 ○ガストリン分子5 ○ゴジラ細胞6 ○関連項目7 ○参考文献 ○G細胞とは G細胞は、胃の幽門部から十 …