ヒトの全細胞

ヒトの体は37兆個の細胞から構成され、その種類としては約200種であると言われています。「赤血球」「神経細胞」「骨細胞」などの体内の細胞と、「iPS細胞」「HeLa細胞」などの培養細胞を解説します。

tankyuu

投稿日:2020年12月2日 更新日:

単球

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ランゲルハンス島

α細胞

α細胞 alpha cell   目次1 α細胞とは2 α細胞の分化3 グルカゴンの作用4 グルカゴンの分泌制御5 糖尿病とα細胞6 参考 α細胞とは  α細胞は、膵臓のランゲルハンス島に存 …

no image

骨細胞

骨細胞 (osteocyte) 目次1 ○骨細胞とは2 ○機能3 ○まとめ ○骨細胞とは 骨細胞は、自らが産生した骨基質に埋没した骨芽細胞である。骨層板の隙間である骨小腔の中に位置しており、骨小腔から …

no image

好酸球

好酸球 (Eosinophil) 目次1 ○好酸球とは2 〇好酸球の機能3 ○顆粒3.1 図2 好酸球ギムザ染色 好酸球(中央)の顆粒がエオジンによって橙~赤に染まっていることがわかる。3.2 MBP …

no image

ECL細胞

ECL細胞 (Enterochromaffin-like Cells) 目次1 〇ECL細胞とは2 ○制御3 ○ヒスタミン4 ○抗ヒスタミン剤とH2ブロッカー5 ○関連項目 〇ECL細胞とは ECL細 …

no image

双極細胞

双極細胞 (Bipolar cell) ○双極細胞とは 双極細胞は、網膜に存在し、いくつかの視細胞(錐体細胞、桿体細胞)からの信号を処理して神経節細胞へと伝える細胞である。視神経の光応答シグナルを受け …