ヒトの全細胞

ヒトの体は37兆個の細胞から構成され、その種類としては約200種であると言われています。「赤血球」「神経細胞」「骨細胞」などの体内の細胞と、「iPS細胞」「HeLa細胞」などの培養細胞を解説します。

rolling

投稿日:2020年12月2日 更新日:

免疫細胞の浸潤

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

肝細胞

肝細胞 (Hepatocyte) 目次1 肝細胞とは2 肝臓の構造3 肝細胞の機能3.1 糖質の調整3.2 脂肪合成3.3 タンパク質代謝3.4 アルコール代謝3.5 アンモニア代謝3.6 コレステロ …

no image

B細胞

B細胞 (B cell) 目次1 B細胞とは2 ○B細胞の分化成熟3 ○形質細胞4 ○メモリーB細胞5 ○抗体の役割6 ○クラススイッチ6.1 抗体の種類6.2 クラススイッチ6.3 IgGとIgM7 …

no image

骨細胞

骨細胞 (osteocyte) 目次1 ○骨細胞とは2 ○機能3 ○まとめ ○骨細胞とは 骨細胞は、自らが産生した骨基質に埋没した骨芽細胞である。骨層板の隙間である骨小腔の中に位置しており、骨小腔から …

no image

血小板

血小板 (Platelet) 目次1 ○血小板とは2 ○一次止血3 ○二次止血4 ○フィブリンとトロンビン5 ○線溶6 ○関連項目 ○血小板とは  血小板は、止血にかかわる血液の成分である。造血幹細胞 …

no image

好酸球

好酸球 (Eosinophil) 目次1 ○好酸球とは2 〇好酸球の機能3 ○顆粒3.1 図2 好酸球ギムザ染色 好酸球(中央)の顆粒がエオジンによって橙~赤に染まっていることがわかる。3.2 MBP …