ヒトの全細胞

ヒトの体は37兆個の細胞から構成され、その種類としては約200種であると言われています。「赤血球」「神経細胞」「骨細胞」などの体内の細胞と、「iPS細胞」「HeLa細胞」などの培養細胞を解説します。

reg3

投稿日:2020年11月28日 更新日:

Reg3は小腸細菌叢の制御に重要

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

赤血球

赤血球 (Red blood cell) 目次1 ○赤血球とは2 ○赤血球の分化・形成3 ○赤血球の破壊4 ○ヘモグロビン5 ○酸素の運搬6 ○高地順応7 〇ABO式血液型8 ○Rh血液型9 ○鎌状赤 …

no image

錐体細胞

錐体細胞 (Cone cell) 目次1 ○錐体細胞とは2 ○中心窩3 ○フォトプシン4 ○錐体細胞の種類5 ○錐体細胞と進化6 ○色覚異常7 ○関連項目 ○錐体細胞とは 錐体細胞とは、網膜の中心窩付 …

no image

アストロサイト

アストロサイト (astrocyte) 目次1 ○アストロサイトとは2 ○マーカー3 ○アストロサイトの構造4 〇反応性アストロサイト5 ○血液脳関門6 ○ニューロンへの栄養供給7 ○神経伝達の補助8 …

ランゲルハンス島

α細胞

α細胞 alpha cell   目次1 α細胞とは2 α細胞の分化3 グルカゴンの作用4 グルカゴンの分泌制御5 糖尿病とα細胞6 参考 α細胞とは  α細胞は、膵臓のランゲルハンス島に存 …

no image

足細胞

足細胞 (Podocyte) 目次1 足細胞とは2 腎小体3 濾過4 発生5 〇参考文献 足細胞とは 足細胞は、腎臓ボーマン嚢の臓側壁を構成する上皮細胞である。突起を伸ばして毛細血管の周りを覆っており …