ヒトの全細胞

ヒトの体は37兆個の細胞から構成され、その種類としては約200種であると言われています。「赤血球」「神経細胞」「骨細胞」などの体内の細胞と、「iPS細胞」「HeLa細胞」などの培養細胞を解説します。

F5.large_

投稿日:

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

骨芽細胞

骨芽細胞 (Osteoblast) 目次1 ○骨芽細胞とは2 ○骨の役割3 ○骨リモデリング4 ○分化5 ○コラーゲンと有機物質6 ○骨の石灰化7 ○まとめ8 〇参考文献 ○骨芽細胞とは 骨芽細胞は、 …

no image

褐色脂肪細胞

褐色脂肪細胞 (brown fat cell) 目次1 ○褐色脂肪細胞とは2 ○体内での位置3 ○シグナル伝達4 ○まとめ5 〇参考文献 ○褐色脂肪細胞とは 褐色脂肪細胞は、多胞の脂肪滴(白色脂肪細胞 …

no image

G細胞

G細胞 (G cell) 目次1 ○G細胞とは2 ○ヒスタミン分泌制御3  ○ガストリンの作用4 ○ガストリン分子5 ○ゴジラ細胞6 ○関連項目7 ○参考文献 ○G細胞とは G細胞は、胃の幽門部から十 …

no image

破骨細胞

破骨細胞 (Osteoclast) 目次1 ○破骨細胞とは2 ○分化3 ○骨の分解4 ○疾患5 ○まとめ6 〇参考文献 ○破骨細胞とは 破骨細胞は、骨縁において骨を吸収する細胞である。骨との接触部に波 …

no image

杯細胞

杯細胞 (Goblet cell) 目次1 杯細胞とは2 呼吸器官3 消化管3.1 小腸3.2 大腸4 粘液分泌制御5 参考 杯細胞とは 杯細胞は、粘液の主成分であるムチンを分泌する、呼吸器・消化管の …