G細胞
(G cell)


〇G細胞とは

G細胞は、胃の幽門部から十二指腸・膵臓に位置し、ガストリンを血中に内分泌する細胞である。ガストリンは胃の壁細胞に働いて胃酸分泌を、主細胞に働いてのプシノーゲン分泌を増やす働きを持つ。

EC細胞やECL細胞、D細胞などとともに、消化管ホルモンを分泌する胃腸内分泌細胞の一つとして数えられている。


〇制御

 G細胞からのガストリンの放出は副交感神経によって制御されている。その神経末端における神経伝達物質はGRP(Gastrin releasing peptide)というペプチドであり、アトロピンという抗コリン薬でアセチルコリンを阻害してもガストリン分泌には影響がないことが知られている。その一方、副交感神経が直接壁細胞を刺激して胃酸分泌を増強する時の神経伝達物質はアセチルコリンであり、この経路はアトロピンによって阻害される。

 副交感神経のGRPを介した刺激のほかでは、胃にアミノ酸がある場合やカルシウム濃度が高くなっている場合にもG細胞がそれを受容して、ガストリン分泌を増大させる。それとは逆に、酸性溶液に触れた十二指腸が分泌するセクレチン、インクレチンの一種であり血糖値低下に働くGIP、D細胞が分泌するソマトスタチン等にはガストリンの分泌を減少させる作用がある。
 
g


図1 胃酸分泌の制御 Wikipediaより
 G細胞=G cellはECL cellやD cellと共に胃酸分泌を調整する。
  

〇ガストリンの作用

 まず第一に、ガストリンは胃のECL細胞(Enterochromafin like cell)を刺激して、ヒスタミンの傍分泌をうながす働きがある。ヒスタミンは壁細胞に作用して胃酸分泌を増強する効果がある。胃酸分泌の上昇は胃内腔側の細胞膜にK+/H+ ATPaseが増えることによる。また、壁細胞にもガストリン受容体が存在し、直接はたらいて胃酸分泌を促す働きもあるが、こちらの寄与は小さい。
 ガストリンは他にも、主細胞からのペプシノーゲン分泌を促す、胃の運動性を高める、膵液分泌を高めるなど多様な作用が認められており、いずれも食事時に消化を促進する。

〇ガストリン分子

G細胞におけるガストリン産生の際、まずGASTという遺伝子領域から101アミノ酸からなるプロガストリンという前駆体が転写・翻訳される。プロガストリンはN末端側にシグナルペプチドを有しており、リボソームは粗面小胞体の膜に結合して翻訳産物は小胞体の中に送られる。翻訳が終了するとシグナルペプチドの21アミノ酸は切り離され、さらなる切断を受けることによって、最終的なガストリンが完成する。多くのガストリンは17アミノ酸か34アミノ酸からなり、前者をリトルガストリン、後者をビッグガストリンという。作用はどちらも同じである。

細胞膜上に位置するガストリンの受容体はCCKBRと呼ばれ、十二指腸や空腸のI細胞で産生するコレシストキニンと共通した受容体である。阻害剤としてプログルミドという薬剤が開発され、消化性潰瘍の薬として用いられていた。興味深いことに、プログルミドには鎮痛の増強、プラセボ効果の増強が確認されている。神経にも作用していると考えられている。

〇ゴジラ細胞

胃とは関係ないが、ゴジラの細胞もG細胞という。分裂速度が極端に早く、どんな細胞にでも分化できて、毒物や放射線にも耐性があって、日本とアメリカとサウジアラビアが狙っているらしい。


〇関連項目
主細胞
壁細胞
ECL細胞

〇参考文献
・Wikipediaの各項目 
 G cell  
   Gastrine
 プログルミド

・漢方と胃

 http://kanpouseitai.blog87.fc2.com/blog-entry-330.html?sp


目次へ