毛母細胞
(Hair matrix cell)



〇毛母細胞とは

毛母細胞は、名の通り毛を作る細胞である。毛の根本付近(毛母体)で絶えず分裂しており、毛母細胞が角質化したものが毛の正体である。毛母体付近にはメラニン細胞も存在し、毛母細胞はそこからメラニン色素を受け取って黒い髪を作り出す。皮膚の角化細胞と作用が類似していることからわかるように、毛母細胞も上皮細胞の一種である。

角化については、角化細胞を参照

〇毛包

毛本体とその周囲の構造をまとめて、毛包と呼ぶ。根本が膨らんだ構造をとっており、そこを毛乳頭という。毛乳頭の周囲には毛母体が存在し、毛母細胞が盛んに分裂している。毛乳頭には毛細血管が通っており、物質の交換を行う。

毛は二層の鞘に覆われた構造を持ち、これを外毛鞘、内毛鞘という。外毛鞘はそのまま皮膚につながっている。そのほか、毛包は毛を立たせる立毛筋、皮脂を分泌する皮脂腺、外毛鞘に存在して幹細胞に富むバルジという構造を含む。

毛包
図1 毛包


〇毛の構造

毛の太さは一般に0.1㎜程度であり、構成物質の90%以上がケラチンである。ケラチンは毛母細胞が産生するタンパク質であるが、システインからのジスルフィドに富んでいるため、非常に固い。残りの10%は水で、しなやかさを決定する。

毛の最内側は髄質、外側を皮質という。皮質はメラニンを大量に含んだ紡錘型の細胞が多く、髄質はそれよりも大きくてメラニンの少ない球形の細胞が見られる。髪の性質は皮質が決定する。皮質のさらに外側にはクチクラ層が発達しており、髪の強度をさらに高めている。

クチクラを構成するタンパク質もまた、ケラチンである。内毛根鞘細胞がメラニンを獲得せずに角化した無色の層で、5,6層の鱗状構造をとる。鱗の表面はMEA(18-メチルエイコサン酸)と呼ばれる脂質が覆っており、ツヤや手触りを決定する。

〇発毛サイクル

人間は髪を切りに理髪店や美容室へ足を運ぶが、そんなことをしなくとも、髪は5年程度で生え変わるサイクルを持つ。まず4年程度の成長期で伸びた後、退行期に毛母基が消滅し、休止期に新たな毛に押し出されるようにして脱毛する。健康な人でも一日100本程度脱毛している。

壮年性脱毛症は、成長期が短くなって退行期が早く来ることにより、毛が十分伸び切らない内に抜けてしまい、薄毛となる疾患である。その薬として開発されたのが、「発毛の医薬品はリアップだけ」でおなじみの、ミノキシジルである。

〇ミノキシジル

医療用医薬品を経ずに一般に上市された、日本初のダイレクトOTC薬である。毛包を成長させる働きを持つと同時に、毛母細胞の分裂も促進して伸びる速度を高める作用を持つ。ミノキシジルの作用機序は、平滑筋の弛緩とそれによる毛細血管の血流増加であると言われている。経口投与であるため全身に作用するが、髪によく効く。理由は不明。

〇髪色

ヒトの髪の色は、大まかに黒・栗(茶)・金・赤の四色である。黒髪は東アジアやアフリカ、南アジア、中東、太平洋諸島などに多く見られ、大量の黒いユーメラニンが含まれている。栗毛は地中海沿岸に多く、ユーメラニンを主とするが、赤褐色のフェオメラニンも含む。金髪は白人の間でも少なくて、全世界の1~2%である。フェオメラニンが多い。最後の赤髪は極端に珍しく、スコットランド・アイルランドに見られる。ほとんどがフェオメラニンである。

遺伝的には、フェオメラニン・ユーメラニンの生成にかかわる遺伝子が重要である。基本的にはユーメラニンが多い遺伝子、すなわち黒・栗が優性な形質を持つ。

〇参考文献
・花王 肌ケアと髪ケアの知識
http://www.kao.com/jp/haircare/
・MENARD 用語辞典
https://www.menard.co.jp/beauty/word/detail_1001028.html


目次へ