外套細胞
(Neurosatellite cell)


○外套細胞とは

外套細胞は、末梢神経の神経節におけるアストロサイトである。神経節膠細胞、衛星細胞とも呼ばれている。その機能は中枢におけるアストロサイトと同じく、神経細胞への栄養供給、構造支持、代謝調節であると考えられている。機能は似ているものの、アストロサイトのマーカーであるGFAPを発現していなかったり、アストロサイトに顕著な突起が見られなかったり、神経上皮由来のアストロサイトに対して外套細胞が神経堤細胞由来であったり、といった相違点も多い。一つの神経節に数十個の外套細胞が位置している。


○神経節

神経節とは、神経細胞が集合した構造のうち、末梢にあるものを指す。具体的には①脊髄における後根神経節、②自律神経のニューロンが交代する神経節のほかに、③各感覚神経について一つずつ存在する。中枢神経における同様な構造は神経核と呼ばれ、大脳基底核がその代表例である。

①:脊髄後根は脊髄の後角に投射する部位である。後角神経節には求心性の感覚神経(皮膚・筋肉・腱)の細胞体が位置し、末梢に樹状突起脊髄へ軸索を伸ばす。三叉神経(頭部皮膚)をはじめとする他の感覚神経も同様の神経節を構成しており、いずれも末梢で取得された情報が電気信号の形で伝わり、神経節の細胞体で統合されて脊髄へと送られる。

svg
図1 脊髄
 青が求心性(末梢→中枢)の神経、赤が遠心性(中枢→末梢)の神経を表す。後角の内部にある膨らみが後根神経節である。




②:自律神経の神経節は、中枢神経に細胞体を持つ節前ニューロンと、末梢を支配する節後ニューロンとがシナプスを形成する部位である。自律神経は交感神経と副交感神経を含み、脊椎の両側に位置している。交感神経の節前神経、副交感神経の節前神経、副交感神経の節後神経は伝達物質としてアセチルコリンを放出する一方で、交感神経の節後神経のみ神経伝達物質にノルアドレナリンを用いる。


○関連項目

○参考文献
・脳科学辞典
 神経節
・Wikipedia
 神経節
 神経節細胞
・Qシリーズ 新組織学 日本医事新報社
・チャート式 新生物 数研出版 

目次へ