傍糸球体細胞
(Juxtaglomerular cell)


○傍糸球体細胞とは

傍糸球体細胞は糸球体に隣接する細胞種であり、尿細管上皮細胞や糸球体外メサンギウム細胞と共に傍糸球体装置を構成する。緻密斑からのシグナルに応答してレニンを産生する働きを持つ。輸入細動脈の壁に位置していることから、特殊化した平滑筋細胞と考えられている。


糸球体

図1 糸球体
 6で示された細胞が傍糸球体細胞である。緻密斑(7)と糸球体外メサンギウム細胞(5b)と共に傍糸球体装置を形成する。9が輸入細動脈である。





○レニン分泌制御

血圧が低下したとき、ろ過効率が低下するため、尿細管を流れる原尿の量は減少する。ところがヘンレのループにおけるNa、Clイオンの能動的な再吸収効率は変わらないため、遠位尿細管でのNa、Cl濃度は低下する。遠位尿細管の緻密班は尿中Cl-濃度を検知する機構を持っており、低濃度の時に多くのプロスタグランジンを放出して傍糸球体細胞を刺激する。刺激を受けた傍糸球体細胞がレニンを輸入細動脈に放出することによって、レニンーアンジオテンシンーアルドステロン系が始まる。

また傍糸球体細胞はアドレナリンβ1受容体を持っており、交感神経からのノルアドレナリンの刺激によってもレニンの産生を増大させることができる。「闘争と逃走」の神経である交感神経の刺激でレニンが増加し、血圧が高まる。

○レニンーアンジオテンシンーアルドステロン系

レニンは、肝臓や脂肪細胞にて合成されたアンジオテンシノーゲンというタンパク質のペプチド結合を切断し、10アミノ酸から成るアンジオテンシンIを合成する酵素である。合成されたアンジオテンシンIは血中を流れて肺の毛細血管に至り、アンジオテンシン変換酵素(ACE)等の作用を受けてアンジオテンシンIIとなる。

アンジオテンシンIIは血管平滑筋に作用して収縮を強めると同時に、副腎皮質の球状帯に作用してアルドステロンの分泌を、脳下垂体に作用してバソプレシンの分泌を促す。アルドステロンは尿細管におけるNaの再吸収を促進し、バソプレシンは利尿を抑えるホルモンである。アンジオテンシンはこれら三つの作用によって血圧を高めている。これらを総称してレニンーアンジオテンシンーアルドステロン系と呼ぶ。

高血圧の治療薬として、レニンを阻害するアリスキレンが用いられている。





〇参考文献
・アリスキレン
 http://medical.radionikkei.jp/suzuken/final/091029html/index.html
・Wikipedia 
 レニンーアンジオテンシンーアルドステロン系 
 傍糸球体細胞

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。