ヒトの全細胞

ヒトの体は37兆個の細胞から構成され、その種類としては約200種であると言われています。「赤血球」「神経細胞」「骨細胞」などの体内の細胞と、「iPS細胞」「HeLa細胞」などの培養細胞を解説します。

未分類

クロム親和性細胞

投稿日:2020年10月25日 更新日:

クロム親和性細胞
Chromaffin cell
 

概要

 クロム親和性細胞は、副腎髄質に位置し、ノルアドレナリン・アドレナリンなどのカテコラミン類を分泌する細胞である。発生学的には、交感神経の節後神経細胞が軸索を失ったものと考えられている。酸化剤であるクロム塩溶液を加えるとカテコラミンが酸化され、茶色のポリマーが生じることから、その名がつけられた。

参考:

カテコラミン

 カテコールアミンは、チロシンから合成されるL-ドーパ、ドパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンの物質群を指す。チロシンからL-ドーパを合成するチロキシンヒドロキシラーゼTHが合成経路の律速経路となっている。

レボドパ
チロシン

ノルアドレナリン
ノルアドレナリン(エピネフリン)

アドレナリン
アドレナリン

 クロム親和性細胞からは主にアドレナリン(80%)とノルアドレナリン(~20%)が分泌される。アドレナリン、ノルアドレナリンの主な作用は共に血圧上昇であるが、アドレナリンは心臓の収縮を強化し、ノルアドレナリンは血管収縮を強化するという点が異なる。

分泌制御

 クロム親和性細胞は、交感神経節の節前神経細胞に神経支配される。節前神経細胞がアセチルコリンを分泌すると、それを受容したクロム親和性細胞に脱分極が発生し、カルシウム濃度が上昇するとによってカテコラミン小胞が分泌(エキソサイトーシス)される。

 神経細胞から分泌されるPACAPという27-38アミノ酸から成るペプチドも、カテコラミン分泌を制御する。PACAPはGPCRに受容され、カテコラミン合成の律速酵素チロシンヒドロキシラーゼ(TH)を活性化し、また転写を促進することで、蓄積されるカテコラミンの総量を増加させる。

 また、副腎皮質が分泌する糖質コルチコイドを受容したクロム親和性細胞では、ノルアドレナリンからアドレナリンを合成する反応を担う酵素PNMTが活性化され、アドレナリンの分泌が増強される。

節後神経細胞とクロム親和性細胞

 交感神経系の節後神経細胞は、節前神経細胞が放出したアセチルコリンの刺激を受けて脱分極し、ノルアドレナリンを放出する細胞である。クロム親和性細胞も節後神経細胞と同様にアセチルコリン受容体や電位依存性のイオンチャネル、シナプス小胞を持っており、アセチルコリンを受容すると脱分極してカテコラミンを分泌する。

  神経細胞とは異なり、通常クロム親和性細胞は軸索を持たないが、アストロサイトを培養した培地(Conditional medium, 分泌物を含む)や神経成長促進因子を加えると神経様の形態を示すようになると報告されている。

褐色細胞種

 クロム親和性細胞ががん化したものを、褐色細胞種という。褐色細胞種は無制御にカテコラミンを分泌してしまうことで高カテコラミン血症となり、高血圧(Hypertension)高血糖(Hyperglycemia)代謝亢進(Hypermetabolism)頭痛(Headache)発汗過多(Hyperhydrosis)の5H 病と呼ばれる症状を示す。アドレナリンα2受容体抑制するクロニジンという薬で高カテコラミン血症が抑えられない場合、褐色細胞腫と診断される。

 2018年のノーベル賞医学生理学賞となった低酸素応答因子HIF、を分解するVHLユビキチンリガーゼを原因とする遺伝病フォン・ヒッペル・リンドウ病、の主要な病態である。



参考文献

1)Chromaffin cells
as a model to evaluate mechanisms of cell death and neuroprotective compounds

2) https://www2.indstate.edu/thcme/mmmoga/histology/slide98.htm

3)What’s New in Endocrinology: The Chromaffin Cell

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

精子

精子 (Spermatozoon)   ○精子とは 精子は男性の生殖細胞である。頭部と尾部とに大別され、頭部は先体と核から、尾部は頸部、中片部、鞭毛から成る。頭部・尾部の長さはそれぞれ5μm、50μm …

no image

味細胞

味細胞 Gustatory cell 味細胞とは  味細胞は、舌の味蕾に50-150個ほど存在し、味を感じる上皮細胞である。味蕾は舌の表面に存在する穴のような構造であり、表面の味孔から流入した物質を、 …

no image

単球

単球とは 単球(Monocyte)は白血球の10%弱を占める細胞種である。直径は20µm程度であり、血液に含まれる最大の細胞となっている。単球は血液中を循環しており、病原体や異物を食作用によって取り込 …

no image

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー 最終更新:2019年1月20日 このページに記載されたプライバシーポリシーの内容は適宜変更を加えることがございます。 個人情報の利用目的 当ブログ「ヒトの全細胞」(http:// …

PREV
iPS細胞
NEXT
味細胞